« 山伏での荒らし行為 | Main | 明日は »

December 23, 2008

甲府城に天守閣?!

読売新聞の「甲府城に5層大天守閣の可能性…25m級、松本城に匹敵

甲府城(甲府市)に天守閣などの高層建造物があった可能性を示す報告書を22日、山梨県教委の調査検討委員会(委員長=萩原三雄・帝京大山梨文化財研究所長)が発表した。

 県教委などによると、出土した鯱(しゃちほこ)瓦の一部から推定すると、5層の大天守閣を持つ松本城(長野県松本市)に匹敵する25メートル級の建造物があったと推測できる。松本城は、現存する12の城では姫路城に続き2番目の高さ。

 調査委はまた、京大に保存されていた絵図などから、内堀を含めた甲府城の敷地面積を約18ヘクタールと認定。小田原城(神奈川県小田原市)の約17ヘクタールを上回る規模で、江戸城や駿府城など国家事業として建てられた城を除くと、東日本で五指に入る可能性があるという。

 甲府城は安土桃山時代、甲斐領主の浅野長政・幸長親子によって建てられた。城跡は6ヘクタールしか残っていない。江戸時代の大火などで建造物の多くが失われ、文献も少ないことから、「天守閣があったかどうか」が謎の一つとなっている。


ということで、甲府城に天守閣があったことになったらしいです
資料が少ないと言うことで詳細は未だ不明と言うことのようですが、全容が明らかになるとおもしろいんじゃないでしょうか

とはいえ、信玄公の城じゃないんで甲斐の国の城って言うイメージは少ないかもしれません

« 山伏での荒らし行為 | Main | 明日は »

山梨のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甲府城に天守閣?!:

« 山伏での荒らし行為 | Main | 明日は »